1. ホーム
  2. 巡回健診
  3. 住民健診

住民健診

特定健康診査

高齢者の医療の確保に関する法律に基づき40歳~74歳の方を対象として実施します。
内蔵脂肪型肥満に着目した生活習慣病予防のための保健指導を必要とする方を抽出する健診です。

基本的な健診項目

  • ○問診
  • ○身体計測(身長・体重・腹囲・BMI)
  • ○理学的検査
  • ○血圧測定
  • ○検尿(糖・蛋白・潜血)
  • ○血中脂質(HDL-C,LDL-C,TG)
  • ○肝機能(GOT,GPT,γ-GTP)
  • ○血糖検査
  • ○HbA1c

詳細な健診項目

  • ○心電図検査
  • ○眼底検査
  • ○貧血検査

※社会保険、共済等の被扶養者の方も市町村で実施している特定健診を受けることができます。その際には、健康保険証と受診券が必要となります。 ただし、加入保険により受診できない場合もありますので、事前にご相談ください。

骨粗鬆症検診

巡回検診では、DXA(DEXA)法により実施します。

骨粗鬆症を防ぐには、毎日の食生活が大切です。丈夫な骨づくりのため、まず、カルシウムが豊富な食品を意識してとり、適度な運動で骨や筋肉を鍛えることが転倒骨折などの予防に有効です。そして、定期的に骨密度を測定しましょう。

結核検診

巡回検診では、X線間接撮影・直接撮影により結核検診を実施しています。
また、高齢の施設入所者などにも受診していただきやすいよう、車イス・ストレッチャーに対応した身障者対応胸部デジタル検診車を整備し、検診を実施しています。

かつて「国民病」と恐れられた結核も、医療や生活水準の向上により、薬を飲めば完治できる時代になりましたが、現在でも年間約3万人の新しい患者が発生し、2千人を超える尊い命が奪われる日本最大の感染症です。結核は過去の病気ではありません。
咳が2週間以上続いたら医療機関を受診しましょう。

がん検診